万葉集2127番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2127番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2127番について

歌番号

2127番

原文

秋去者|妹令視跡|殖之芽子|露霜負而|散来毳

訓読

秋さらば妹に見せむと植ゑし萩露霜負ひて散りにけるかも

かな読み

あきさらば|いもにみせむと|うゑしはぎ|つゆしもおひて|ちりにけるかも

カタカナ読み

アキサラバ|イモニミセムト|ウヱシハギ|ツユシモオヒテ|チリニケルカモ

ローマ字読み|大文字

AKISARABA|IMONIMISEMUTO|UESHIHAGI|TSUYUSHIMOHITE|CHIRINIKERUKAMO

ローマ字読み|小文字

akisaraba|imonimisemuto|ueshihagi|tsuyushimohite|chirinikerukamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|植物

校異

特に無し

寛永版本

あきさらば,[寛]あきされは,
いもにみせむと[寛],
うゑしはぎ,[寛]うえしはき,
つゆしもおひて[寛],
ちりにけるかも[寛],

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました