万葉集2221番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2221番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2221番について

歌番号

2221番

原文

<我>門尓|禁田乎見者|沙穂内之|秋芽子為酢寸|所念鴨

訓読

我が門に守る田を見れば佐保の内の秋萩すすき思ほゆるかも

かな読み

わがかどに|もるたをみれば|さほのうちの|あきはぎすすき|おもほゆるかも

カタカナ読み

ワガカドニ|モルタヲミレバ|サホノウチノ|アキハギススキ|オモホユルカモ

ローマ字読み|大文字

WAGAKADONI|MORUTAOMIREBA|SAHONOCHINO|AKIHAGISUSUKI|OMOHOYURUKAMO

ローマ字読み|小文字

wagakadoni|morutaomireba|sahonochino|akihagisusuki|omohoyurukamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|植物|季節

校異

祇->我【西(右書)】【元】【類】【紀】

寛永版本

わがかどに,[寛]わかかとに,
もるたをみれば,[寛]もるたをみれは,
さほのうちの[寛],
あきはぎすすき,[寛]あきはきすすき,
おもほゆるかも[寛],

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました