万葉集1840番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1840番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1840番について

歌番号

1840番

原文

梅枝尓|鳴而移<徙>|鴬之|翼白妙尓|沫雪曽落

訓読

梅が枝に鳴きて移ろふ鴬の羽白妙に沫雪ぞ降る

かな読み

うめがえに|なきてうつろふ|うぐひすの|はねしろたへに|あわゆきぞふる

カタカナ読み

ウメガエニ|ナキテウツロフ|ウグヒスノ|ハネシロタヘニ|アワユキゾフル

ローマ字読み|大文字

UMEGAENI|NAKITEUTSUROFU|UGUHISUNO|HANESHIROTAHENI|AWAYUKIZOFURU

ローマ字読み|小文字

umegaeni|nakiteutsurofu|uguhisuno|haneshirotaheni|awayukizofuru

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

春雑歌|植物|動物|季節

校異

徒->徙【西(訂正)】【温】【矢】【京】

寛永版本

うめがえに,[寛]うめかえに,
なきてうつろふ[寛],
うぐひすの,[寛]うくひすの,
はねしろたへに[寛],
あわゆきぞふる,[寛]あはゆきそふる,

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました