万葉集1881番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1881番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1881番について

歌番号

1881番

原文

春霞|立春日野乎|徃還|吾者相見|弥年之黄土

訓読

春霞立つ春日野を行き返り我れは相見むいや年のはに

かな読み

はるかすみ|たつかすがのを|ゆきかへり|われはあひみむ|いやとしのはに

カタカナ読み

ハルカスミ|タツカスガノヲ|ユキカヘリ|ワレハアヒミム|イヤトシノハニ

ローマ字読み|大文字

HARUKASUMI|TATSUKASUGANO|YUKIKAHERI|WAREHAAHIMIMU|IYATOSHINOHANI

ローマ字読み|小文字

harukasumi|tatsukasugano|yukikaheri|warehaahimimu|iyatoshinohani

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

春雑歌|奈良|地名|宴席|野遊び

校異

特に無し

寛永版本

はるかすみ[寛],
たつかすがのを,[寛]たつかすかのを,
ゆきかへり[寛],
われはあひみむ[寛],
いやとしのはに[寛],

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました