万葉集2220番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2220番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2220番について

歌番号

2220番

原文

左小<壮>鹿之|妻喚山之|岳邊在|早田者不苅|霜者雖零

訓読

さを鹿の妻呼ぶ山の岡辺なる早稲田は刈らじ霜は降るとも

かな読み

さをしかの|つまよぶやまの|をかへなる|わさだはからじ|しもはふるとも

カタカナ読み

サヲシカノ|ツマヨブヤマノ|ヲカヘナル|ワサダハカラジ|シモハフルトモ

ローマ字読み|大文字

SAOSHIKANO|TSUMAYOBUYAMANO|OKAHENARU|WASADAHAKARAJI|SHIMOHAFURUTOMO

ローマ字読み|小文字

saoshikano|tsumayobuyamano|okahenaru|wasadahakaraji|shimohafurutomo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|動物|比喩

校異

牡->壮【元】【類】

寛永版本

さをしかの[寛],
つまよぶやまの,[寛]つまよふやまの,
をかへなる[寛],
わさだはからじ,[寛]わさたはからし,
しもはふるとも[寛],

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました