万葉集2035番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2035番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2035番について

歌番号

2035番

原文

年有而|今香将巻|烏玉之|夜霧隠|遠妻手乎

訓読

年にありて今か巻くらむぬばたまの夜霧隠れる遠妻の手を

かな読み

としにありて|いまかまくらむ|ぬばたまの|よぎりこもれる|とほづまのてを

カタカナ読み

トシニアリテ|イマカマクラム|ヌバタマノ|ヨギリコモレル|トホヅマノテヲ

ローマ字読み|大文字

TOSHINIARITE|IMAKAMAKURAMU|NUBATAMANO|YOGIRIKOMORERU|TOHOZUMANOTEO

ローマ字読み|小文字

toshiniarite|imakamakuramu|nubatamano|yogirikomoreru|tohozumanoteo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|七夕

校異

特に無し

寛永版本

としにありて[寛],
いまかまくらむ,[寛]いまかまかなむ,
ぬばたまの,[寛]ぬはたまの,
よぎりこもれる,[寛]よきりこもりき,
とほづまのてを,[寛]とほつまのてを,

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました