万葉集2302番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2302番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2302番について

歌番号

2302番

原文

<或>者之|痛情無跡|将念|秋之長夜乎|<寤><臥>耳

訓読

ある人のあな心なと思ふらむ秋の長夜を寝覚め臥すのみ

かな読み

あるひとの|あなこころなと|おもふらむ|あきのながよを|ねざめふすのみ

カタカナ読み

アルヒトノ|アナココロナト|オモフラム|アキノナガヨヲ|ネザメフスノミ

ローマ字読み|大文字

ARUHITONO|ANAKOKORONATO|OMOFURAMU|AKINONAGAYO|NEZAMEFUSUNOMI

ローマ字読み|小文字

aruhitono|anakokoronato|omofuramu|akinonagayo|nezamefusunomi

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋相聞|恋情|孤独

校異

惑->或【元】【紀】|寐->寤【元】|師->臥【元】【類】

寛永版本

あるひとの,[寛]わひひとの,
あなこころなと[寛],
おもふらむ[寛],
あきのながよを,[寛]あきのなかよを,
ねざめふすのみ,[寛]ねさめしてのみ,

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました