万葉集2238番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2238番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2238番について

歌番号

2238番

原文

天飛也|鴈之翅乃|覆羽之|何處漏香|霜之零異牟

訓読

天飛ぶや雁の翼の覆ひ羽のいづく漏りてか霜の降りけむ

かな読み

あまとぶや|かりのつばさの|おほひばの|いづくもりてか|しものふりけむ

カタカナ読み

アマトブヤ|カリノツバサノ|オホヒバノ|イヅクモリテカ|シモノフリケム

ローマ字読み|大文字

AMATOBUYA|KARINOTSUBASANO|OHOHIBANO|IZUKUMORITEKA|SHIMONOFURIKEMU

ローマ字読み|小文字

amatobuya|karinotsubasano|ohohibano|izukumoriteka|shimonofurikemu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|動物|季節

校異

特に無し

寛永版本

あまとぶや,[寛]あまとふや,
かりのつばさの,[寛]かりのつはさの,
おほひばの,[寛]ををひはの,
いづくもりてか,[寛]いつこもりてか,
しものふりけむ,[寛]しものふりなむ,

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました