万葉集2055番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2055番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2055番について

歌番号

2055番

原文

天河|遠<渡>者|無友|公之舟出者|年尓社候

訓読

天の川遠き渡りはなけれども君が舟出は年にこそ待て

かな読み

あまのがは|とほきわたりは|なけれども|きみがふなでは|としにこそまて

カタカナ読み

アマノガハ|トホキワタリハ|ナケレドモ|キミガフナデハ|トシニコソマテ

ローマ字読み|大文字

AMANOGAHA|TOHOKIWATARIHA|NAKEREDOMO|KIMIGAFUNADEHA|TOSHINIKOSOMATE

ローマ字読み|小文字

amanogaha|tohokiwatariha|nakeredomo|kimigafunadeha|toshinikosomate

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|七夕

校異

度->渡【元】【類】【紀】

寛永版本

あまのがは,[寛]あまのかは,
とほきわたりは[寛],
なけれども,[寛]なけれとも,
きみがふなでは,[寛]きみかふなては,
としにこそまて[寛],

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました