万葉集1862番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1862番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1862番について

歌番号

1862番

原文

見雪者|未冬有|然為蟹|春霞立|梅者散乍

訓読

雪見ればいまだ冬なりしかすがに春霞立ち梅は散りつつ

かな読み

ゆきみれば|いまだふゆなり|しかすがに|はるかすみたち|うめはちりつつ

カタカナ読み

ユキミレバ|イマダフユナリ|シカスガニ|ハルカスミタチ|ウメハチリツツ

ローマ字読み|大文字

YUKIMIREBA|IMADAFUYUNARI|SHIKASUGANI|HARUKASUMITACHI|UMEHACHIRITSUTSU

ローマ字読み|小文字

yukimireba|imadafuyunari|shikasugani|harukasumitachi|umehachiritsutsu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

春雑歌|植物|季節

校異

特に無し

寛永版本

ゆきみれば,[寛]ゆきみれは,
いまだふゆなり,[寛]いまたふゆなり,
しかすがに,[寛]しかすかに,
はるかすみたち[寛],
うめはちりつつ[寛],

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました