万葉集2319番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2319番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2319番について

歌番号

2319番

原文

暮去者|衣袖寒之|高松之|山木毎|雪曽零有

訓読

夕されば衣手寒し高松の山の木ごとに雪ぞ降りたる

かな読み

ゆふされば|ころもでさむし|たかまつの|やまのきごとに|ゆきぞふりたる

カタカナ読み

ユフサレバ|コロモデサムシ|タカマツノ|ヤマノキゴトニ|ユキゾフリタル

ローマ字読み|大文字

YUFUSAREBA|KOROMODESAMUSHI|TAKAMATSUNO|YAMANOKIGOTONI|YUKIZOFURITARU

ローマ字読み|小文字

yufusareba|koromodesamushi|takamatsuno|yamanokigotoni|yukizofuritaru

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

冬雑歌|高円|奈良|地名|叙景

校異

特に無し

寛永版本

ゆふされば,[寛]ゆふされは,
ころもでさむし,[寛]ころもてさむし,
たかまつの,[寛]たかまとの,
やまのきごとに,[寛]やまのきことに,
ゆきぞふりたる,[寛]ゆきそふりたる,

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました