万葉集2215番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2215番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2215番について

歌番号

2215番

原文

左夜深而|四具礼勿零|秋芽子之|本葉之黄葉|落巻惜裳

訓読

さ夜更けてしぐれな降りそ秋萩の本葉の黄葉散らまく惜しも

かな読み

さよふけて|しぐれなふりそ|あきはぎの|もとはのもみち|ちらまくをしも

カタカナ読み

サヨフケテ|シグレナフリソ|アキハギノ|モトハノモミチ|チラマクヲシモ

ローマ字読み|大文字

SAYOFUKETE|SHIGURENAFURISO|AKIHAGINO|MOTOHANOMOMICHI|CHIRAMAKUOSHIMO

ローマ字読み|小文字

sayofukete|shigurenafuriso|akihagino|motohanomomichi|chiramakuoshimo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|植物|哀惜|季節

校異

特に無し

寛永版本

さよふけて[寛],
しぐれなふりそ,[寛]しくれなふりそ,
あきはぎの,[寛]あきはきの,
もとはのもみち[寛],
ちらまくをしも[寛],

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました