万葉集2253番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2253番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2253番について

歌番号

2253番

原文

色付相|秋之露霜|莫零<根>|妹之手本乎|不纒今夜者

訓読

色づかふ秋の露霜な降りそね妹が手本をまかぬ今夜は

かな読み

いろづかふ|あきのつゆしも|なふりそね|いもがたもとを|まかぬこよひは

カタカナ読み

イロヅカフ|アキノツユシモ|ナフリソネ|イモガタモトヲ|マカヌコヨヒハ

ローマ字読み|大文字

IROZUKAFU|AKINOTSUYUSHIMO|NAFURISONE|IMOGATAMOTO|MAKANUKOYOHIHA

ローマ字読み|小文字

irozukafu|akinotsuyushimo|nafurisone|imogatamoto|makanukoyohiha

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋相聞|恋情

校異

->根【元】【類】

寛永版本

いろづかふ,[寛]いろつきあふ,
あきのつゆしも[寛],
なふりそね[寛],
いもがたもとを,[寛]いもかたもとを,
まかぬこよひは[寛],

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました