万葉集2209番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2209番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2209番について

歌番号

2209番

原文

秋芽子之|下葉乃黄葉|於花継|時過去者|後将戀鴨

訓読

秋萩の下葉の黄葉花に継ぎ時過ぎゆかば後恋ひむかも

かな読み

あきはぎの|したばのもみち|はなにつぎ|ときすぎゆかば|のちこひむかも

カタカナ読み

アキハギノ|シタバノモミチ|ハナニツギ|トキスギユカバ|ノチコヒムカモ

ローマ字読み|大文字

AKIHAGINO|SHITABANOMOMICHI|HANANITSUGI|TOKISUGIYUKABA|NOCHIKOHIMUKAMO

ローマ字読み|小文字

akihagino|shitabanomomichi|hananitsugi|tokisugiyukaba|nochikohimukamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|植物

校異

特に無し

寛永版本

あきはぎの,[寛]あきはきの,
したばのもみち,[寛]したはのもみち,
はなにつぎ,[寛]はなにつく,
ときすぎゆかば,[寛]ときすきゆけは,
のちこひむかも[寛],

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました