万葉集1863番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1863番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1863番について

歌番号

1863番

原文

去年咲之|久木今開|徒|土哉将堕|見人名四二

訓読

去年咲きし久木今咲くいたづらに地にか落ちむ見る人なしに

かな読み

こぞさきし|ひさぎいまさく|いたづらに|つちにかおちむ|みるひとなしに

カタカナ読み

コゾサキシ|ヒサギイマサク|イタヅラニ|ツチニカオチム|ミルヒトナシニ

ローマ字読み|大文字

KOZOSAKISHI|HISAGIIMASAKU|ITAZURANI|TSUCHINIKAOCHIMU|MIRUHITONASHINI

ローマ字読み|小文字

kozosakishi|hisagiimasaku|itazurani|tsuchinikaochimu|miruhitonashini

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

春雑歌|植物|叙景

校異

特に無し

寛永版本

こぞさきし,[寛]こそさきし,
ひさぎいまさく,[寛]ひさきいまさく,
いたづらに,[寛]いたつらに,
つちにかおちむ,[寛]つちにやおちむ,
みるひとなしに[寛],

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました