万葉集2154番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2154番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2154番について

歌番号

2154番

原文

奈何<壮>鹿之|和備鳴為成|蓋毛|秋野之芽子也|繁将落

訓読

なぞ鹿のわび鳴きすなるけだしくも秋野の萩や繁く散るらむ

かな読み

なぞしかの|わびなきすなる|けだしくも|あきののはぎや|しげくちるらむ

カタカナ読み

ナゾシカノ|ワビナキスナル|ケダシクモ|アキノノハギヤ|シゲクチルラム

ローマ字読み|大文字

NAZOSHIKANO|WABINAKISUNARU|KEDASHIKUMO|AKINONOHAGIYA|SHIGEKUCHIRURAMU

ローマ字読み|小文字

nazoshikano|wabinakisunaru|kedashikumo|akinonohagiya|shigekuchiruramu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|動物|植物

校異

牡->壮【元】【類】

寛永版本

なぞしかの,[寛]なにしかの,
わびなきすなる,[寛]わひなきすなる,
けだしくも,[寛]けたしくも,
あきののはぎや,[寛]あきののはきや,
しげくちるらむ,[寛]しけくちるをれ,

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました