万葉集2227番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2227番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2227番について

歌番号

2227番

原文

不念尓|四具礼乃雨者|零有跡|天雲霽而|月夜清焉

訓読

思はぬにしぐれの雨は降りたれど天雲晴れて月夜さやけし

かな読み

おもはぬに|しぐれのあめは|ふりたれど|あまくもはれて|つくよさやけし

カタカナ読み

オモハヌニ|シグレノアメハ|フリタレド|アマクモハレテ|ツクヨサヤケシ

ローマ字読み|大文字

OMOHANUNI|SHIGURENOAMEHA|FURITAREDO|AMAKUMOHARETE|TSUKUYOSAYAKESHI

ローマ字読み|小文字

omohanuni|shigurenoameha|furitaredo|amakumoharete|tsukuyosayakeshi

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|讃美

校異

特に無し

寛永版本

おもはぬに,[寛]おもはすに,
しぐれのあめは,[寛]しくれのあめは,
ふりたれど,[寛]ふりたれと,
あまくもはれて[寛],
つくよさやけし,[寛]つきよきよきを,

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました