万葉集1883番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1883番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1883番について

歌番号

1883番

原文

百礒城之|大宮人者|暇有也|梅乎挿頭而|此間集有

訓読

ももしきの大宮人は暇あれや梅をかざしてここに集へる

かな読み

ももしきの|おほみやひとは|いとまあれや|うめをかざして|ここにつどへる

カタカナ読み

モモシキノ|オホミヤヒトハ|イトマアレヤ|ウメヲカザシテ|ココニツドヘル

ローマ字読み|大文字

MOMOSHIKINO|OHOMIYAHITOHA|ITOMAAREYA|UMEOKAZASHITE|KOKONITSUDOHERU

ローマ字読み|小文字

momoshikino|ohomiyahitoha|itomaareya|umeokazashite|kokonitsudoheru

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

春雑歌|野遊び|枕詞|植物

校異

特に無し

寛永版本

ももしきの[寛],
おほみやひとは[寛],
いとまあれや[寛],
うめをかざして,[寛]うめをかさして,
ここにつどへる,[寛]ここにつとへり,

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました