万葉集1874番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1874番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1874番について

歌番号

1874番

原文

春霞|田菜引今日之|暮三伏一向夜|不穢照良武|高松之野尓

訓読

春霞たなびく今日の夕月夜清く照るらむ高松の野に

かな読み

はるかすみ|たなびくけふの|ゆふづくよ|きよくてるらむ|たかまつののに

カタカナ読み

ハルカスミ|タナビクケフノ|ユフヅクヨ|キヨクテルラム|タカマツノノニ

ローマ字読み|大文字

HARUKASUMI|TANABIKUKEFUNO|YUFUZUKUYO|KIYOKUTERURAMU|TAKAMATSUNONONI

ローマ字読み|小文字

harukasumi|tanabikukefuno|yufuzukuyo|kiyokuteruramu|takamatsunononi

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

春雑歌|奈良|高円|地名|叙景

校異

特に無し

寛永版本

はるかすみ[寛],
たなびくけふの,[寛]たなひくけふの,
ゆふづくよ,[寛]ゆふつくよ,
きよくてるらむ[寛],
たかまつののに,[寛]たかまとののに,

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました