万葉集1834番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1834番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1834番について

歌番号

1834番

原文

梅花|咲落過奴|然為蟹|白雪庭尓|零重管

訓読

梅の花咲き散り過ぎぬしかすがに白雪庭に降りしきりつつ

かな読み

うめのはな|さきちりすぎぬ|しかすがに|しらゆきにはに|ふりしきりつつ

カタカナ読み

ウメノハナ|サキチリスギヌ|シカスガニ|シラユキニハニ|フリシキリツツ

ローマ字読み|大文字

UMENOHANA|SAKICHIRISUGINU|SHIKASUGANI|SHIRAYUKINIHANI|FURISHIKIRITSUTSU

ローマ字読み|小文字

umenohana|sakichirisuginu|shikasugani|shirayukinihani|furishikiritsutsu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

春雑歌|植物|季節

校異

特に無し

寛永版本

うめのはな[寛],
さきちりすぎぬ,[寛]さきちりすきぬ,
しかすがに,[寛]しかすかに,
しらゆきにはに[寛],
ふりしきりつつ,[寛]ふりかさねつつ,

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました