万葉集2161番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2161番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2161番について

歌番号

2161番

原文

三吉野乃|石本不避|鳴川津|諾文鳴来|河乎浄

訓読

み吉野の岩もとさらず鳴くかはづうべも鳴きけり川をさやけみ

かな読み

みよしのの|いはもとさらず|なくかはづ|うべもなきけり|かはをさやけみ

カタカナ読み

ミヨシノノ|イハモトサラズ|ナクカハヅ|ウベモナキケリ|カハヲサヤケミ

ローマ字読み|大文字

MIYOSHINONO|IHAMOTOSARAZU|NAKUKAHAZU|UBEMONAKIKERI|KAHAOSAYAKEMI

ローマ字読み|小文字

miyoshinono|ihamotosarazu|nakukahazu|ubemonakikeri|kahaosayakemi

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|吉野|地名|動物|叙景

校異

特に無し

寛永版本

みよしのの[寛],
いはもとさらず,[寛]いはもとさらす,
なくかはづ,[寛]なくかはつ,
うべもなきけり,[寛]うへもなきけり,
かはをさやけみ[寛],

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました