万葉集2194番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2194番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2194番について

歌番号

2194番

原文

鴈鳴乃|来鳴之共|韓衣|裁田之山者|黄始南

訓読

雁がねの来鳴きしなへに韓衣龍田の山はもみちそめたり

かな読み

かりがねの|きなきしなへに|からころも|たつたのやまは|もみちそめたり

カタカナ読み

カリガネノ|キナキシナヘニ|カラコロモ|タツタノヤマハ|モミチソメタリ

ローマ字読み|大文字

KARIGANENO|KINAKISHINAHENI|KARAKOROMO|TATSUTANOYAMAHA|MOMICHISOMETARI

ローマ字読み|小文字

kariganeno|kinakishinaheni|karakoromo|tatsutanoyamaha|momichisometari

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|奈良県|生駒郡|地名|動物|植物|枕詞|季節

校異

特に無し

寛永版本

かりがねの,[寛]かりかねの,
きなきしなへに,[寛]きなきしともに,
からころも[寛],
たつたのやまは[寛],
もみちそめたり,[寛]もみちそめたり,

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました