万葉集1888番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1888番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1888番について

歌番号

1888番

原文

白雪之|常敷冬者|過去家良霜|春霞|田菜引野邊之|鴬鳴焉

訓読

白雪の常敷く冬は過ぎにけらしも春霞たなびく野辺の鴬鳴くも

かな読み

しらゆきの|つねしくふゆは|すぎにけらしも|はるかすみ|たなびくのへの|うぐひすなくも

カタカナ読み

シラユキノ|ツネシクフユハ|スギニケラシモ|ハルカスミ|タナビクノヘノ|ウグヒスナクモ

ローマ字読み|大文字

SHIRAYUKINO|TSUNESHIKUFUYUHA|SUGINIKERASHIMO|HARUKASUMI|TANABIKUNOHENO|UGUHISUNAKUMO

ローマ字読み|小文字

shirayukino|tsuneshikufuyuha|suginikerashimo|harukasumi|tanabikunoheno|uguhisunakumo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

春雑歌|動物|季節|旋頭歌

校異

特に無し

寛永版本

しらゆきの[寛],
つねしくふゆは,[寛]とこしくふゆは,
すぎにけらしも,[寛]すきにけらしも,
はるかすみ[寛],
たなびくのへの,[寛]たなひくのへの,
うぐひすなくも,[寛]うくひすなくも,

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました