万葉集2204番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2204番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2204番について

歌番号

2204番

原文

秋風之|日異吹者|露重|芽子之下葉者|色付来

訓読

秋風の日に異に吹けば露を重み萩の下葉は色づきにけり

かな読み

あきかぜの|ひにけにふけば|つゆをおもみ|はぎのしたばは|いろづきにけり

カタカナ読み

アキカゼノ|ヒニケニフケバ|ツユヲオモミ|ハギノシタバハ|イロヅキニケリ

ローマ字読み|大文字

AKIKAZENO|HINIKENIFUKEBA|TSUYUOMOMI|HAGINOSHITABAHA|IROZUKINIKERI

ローマ字読み|小文字

akikazeno|hinikenifukeba|tsuyuomomi|haginoshitabaha|irozukinikeri

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|植物|季節|属目

校異

特に無し

寛永版本

あきかぜの,[寛]あきかせの,
ひにけにふけば,[寛]ひにけにふけは,
つゆをおもみ,[寛]つゆをもみ,
はぎのしたばは,[寛]はきのしたはは,
いろづきにけり,[寛]いろつきにけり,

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました