万葉集2346番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2346番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2346番について

歌番号

2346番

原文

窺良布|跡見山雪之|灼然|戀者妹名|人将知可聞

訓読

うかねらふ跡見山雪のいちしろく恋ひば妹が名人知らむかも

かな読み

うかねらふ|とみやまゆきの|いちしろく|こひばいもがな|ひとしらむかも

カタカナ読み

ウカネラフ|トミヤマユキノ|イチシロク|コヒバイモガナ|ヒトシラムカモ

ローマ字読み|大文字

UKANERAFU|TOMIYAMAYUKINO|ICHISHIROKU|KOHIBAIMOGANA|HITOSHIRAMUKAMO

ローマ字読み|小文字

ukanerafu|tomiyamayukino|ichishiroku|kohibaimogana|hitoshiramukamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

冬相聞|桜井|地名|恋情

校異

特に無し

寛永版本

うかねらふ,[寛]うからふと,
とみやまゆきの,[寛]みるやまゆきの,
いちしろく[寛],
こひばいもがな,[寛]こひはいもかな,
ひとしらむかも[寛],

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました