万葉集2150番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2150番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2150番について

歌番号

2150番

原文

秋芽子之|散去見|欝三|妻戀為良思|棹<壮>鹿鳴母

訓読

秋萩の散りゆく見ればおほほしみ妻恋すらしさを鹿鳴くも

かな読み

あきはぎの|ちりゆくみれば|おほほしみ|つまごひすらし|さをしかなくも

カタカナ読み

アキハギノ|チリユクミレバ|オホホシミ|ツマゴヒスラシ|サヲシカナクモ

ローマ字読み|大文字

AKIHAGINO|CHIRIYUKUMIREBA|OHOHOSHIMI|TSUMAGOHISURASHI|SAOSHIKANAKUMO

ローマ字読み|小文字

akihagino|chiriyukumireba|ohohoshimi|tsumagohisurashi|saoshikanakumo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|植物|動物

校異

牡->壮【元】【類】

寛永版本

あきはぎの,[寛]あきはきの,
ちりゆくみれば,[寛]ちりゆくみれは,
おほほしみ,[寛]いふかしみ,
つまごひすらし,[寛]つまこひすらし,
さをしかなくも[寛],

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました