万葉集2091番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2091番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2091番について

歌番号

2091番

原文

彦星之|<河>瀬渡|左小舟乃|得行而将泊|河津石所念

訓読

彦星の川瀬を渡るさ小舟のえ行きて泊てむ川津し思ほゆ

かな読み

ひこほしの|かはせをわたる|さをぶねの|えゆきてはてむ|かはづしおもほゆ

カタカナ読み

ヒコホシノ|カハセヲワタル|サヲブネノ|エユキテハテム|カハヅシオモホユ

ローマ字読み|大文字

HIKOHOSHINO|KAHASEOWATARU|SAOBUNENO|EYUKITEHATEMU|KAHAZUSHIOMOHOYU

ローマ字読み|小文字

hikohoshino|kahaseowataru|saobuneno|eyukitehatemu|kahazushiomohoyu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|七夕

校異

川->河【元】【類】【紀】

寛永版本

ひこほしの[寛],
かはせをわたる[寛],
さをぶねの,[寛]さをふねの,
えゆきてはてむ,[寛]とゆきてはてむ,
かはづしおもほゆ,[寛]かはつしそおもふ,

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました