万葉集2188番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2188番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2188番について

歌番号

2188番

原文

黄葉之|丹穂日者繁|然鞆|妻梨木乎|手折可佐寒

訓読

黄葉のにほひは繁ししかれども妻梨の木を手折りかざさむ

かな読み

もみちばの|にほひはしげし|しかれども|つまなしのきを|たをりかざさむ

カタカナ読み

モミチバノ|ニホヒハシゲシ|シカレドモ|ツマナシノキヲ|タヲリカザサム

ローマ字読み|大文字

MOMICHIBANO|NIHOHIHASHIGESHI|SHIKAREDOMO|TSUMANASHINOKIO|TAORIKAZASAMU

ローマ字読み|小文字

momichibano|nihohihashigeshi|shikaredomo|tsumanashinokio|taorikazasamu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|植物

校異

特に無し

寛永版本

もみちばの,[寛]もみちはの,
にほひはしげし,[寛]にほひはしけし,
しかれども,[寛]しかれとも,
つまなしのきを[寛],
たをりかざさむ,[寛]たをりかささむ,

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました