万葉集2202番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2202番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2202番について

歌番号

2202番

原文

黄葉為|時尓成良之|月人|楓枝乃|色付見者

訓読

黄葉する時になるらし月人の桂の枝の色づく見れば

かな読み

もみちする|ときになるらし|つきひとの|かつらのえだの|いろづくみれば

カタカナ読み

モミチスル|トキニナルラシ|ツキヒトノ|カツラノエダノ|イロヅクミレバ

ローマ字読み|大文字

MOMICHISURU|TOKININARURASHI|TSUKIHITONO|KATSURANOEDANO|IROZUKUMIREBA

ローマ字読み|小文字

momichisuru|tokininarurashi|tsukihitono|katsuranoedano|irozukumireba

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|植物|季節|属目

校異

特に無し

寛永版本

もみちする[寛],
ときになるらし[寛],
つきひとの[寛],
かつらのえだの,[寛]かつらのえたの,
いろづくみれば,[寛]いろつくみれは,

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました