万葉集2025番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2025番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2025番について

歌番号

2025番

原文

万世|可照月毛|雲隠|苦物叙|将相登雖念

訓読

万代に照るべき月も雲隠り苦しきものぞ逢はむと思へど

かな読み

よろづよに|てるべきつきも|くもがくり|くるしきものぞ|あはむとおもへど

カタカナ読み

ヨロヅヨニ|テルベキツキモ|クモガクリ|クルシキモノゾ|アハムトオモヘド

ローマ字読み|大文字

YOROZUYONI|TERUBEKITSUKIMO|KUMOGAKURI|KURUSHIKIMONOZO|AHAMUTOMOHEDO

ローマ字読み|小文字

yorozuyoni|terubekitsukimo|kumogakuri|kurushikimonozo|ahamutomohedo

左注|左註

右柿本朝臣人麻呂之歌集出

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|非略体|七夕

校異

特に無し

寛永版本

よろづよに,[寛]よろつよに,
てるべきつきも,[寛]てるへきつきも,
くもがくり,[寛]くもかくれ,
くるしきものぞ,[寛]くるしきものそ,
あはむとおもへど,[寛]あはむとおもへと,

巻数

第10巻

作者

柿本人麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました