万葉集1886番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1886番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1886番について

歌番号

1886番

原文

佐吉之|里<行>之鹿歯|春花乃|益希見|君相有香開

訓読

住吉の里行きしかば春花のいやめづらしき君に逢へるかも

かな読み

すみのえの|さとゆきしかば|はるはなの|いやめづらしき|きみにあへるかも

カタカナ読み

スミノエノ|サトユキシカバ|ハルハナノ|イヤメヅラシキ|キミニアヘルカモ

ローマ字読み|大文字

SUMINOENO|SATOYUKISHIKABA|HARUHANANO|IYAMEZURASHIKI|KIMINIAHERUKAMO

ローマ字読み|小文字

suminoeno|satoyukishikaba|haruhanano|iyamezurashiki|kiminiaherukamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

春雑歌|大阪|地名|枕詞|恋愛

校異

得->行【万葉考】

寛永版本

すみのえの[寛],
さとゆきしかば,[寛]さとをえしかは,
はるはなの[寛],
いやめづらしき,[寛]ましめつらしみ,
きみにあへるかも[寛],

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました