万葉集2031番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2031番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2031番について

歌番号

2031番

原文

吉哉|雖不直|奴延鳥|浦嘆居|告子鴨

訓読

よしゑやし直ならずともぬえ鳥のうら嘆げ居りと告げむ子もがも

かな読み

よしゑやし|ただならずとも|ぬえどりの|うらなげをりと|つげむこもがも

カタカナ読み

ヨシヱヤシ|タダナラズトモ|ヌエドリノ|ウラナゲヲリト|ツゲムコモガモ

ローマ字読み|大文字

YOSHIEYASHI|TADANARAZUTOMO|NUEDORINO|URANAGEORITO|TSUGEMUKOMOGAMO

ローマ字読み|小文字

yoshieyashi|tadanarazutomo|nuedorino|uranageorito|tsugemukomogamo

左注|左註

右柿本朝臣人麻呂之歌集出

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|略体|七夕

校異

特に無し

寛永版本

よしゑやし[寛],
ただならずとも,[寛]たたならすとも,
ぬえどりの,[寛]ぬえとりの,
うらなげをりと,[寛]うらなきをると,
つげむこもがも,[寛]つけむこもかも,

巻数

第10巻

作者

柿本人麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました