万葉集1844番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1844番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1844番について

歌番号

1844番

原文

寒過|暖来良思|朝烏指|滓鹿能山尓|霞軽引

訓読

冬過ぎて春来るらし朝日さす春日の山に霞たなびく

かな読み

ふゆすぎて|はるきたるらし|あさひさす|かすがのやまに|かすみたなびく

カタカナ読み

フユスギテ|ハルキタルラシ|アサヒサス|カスガノヤマニ|カスミタナビク

ローマ字読み|大文字

FUYUSUGITE|HARUKITARURASHI|ASAHISASU|KASUGANOYAMANI|KASUMITANABIKU

ローマ字読み|小文字

fuyusugite|harukitarurashi|asahisasu|kasuganoyamani|kasumitanabiku

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

春雑歌|奈良|地名|季節

校異

特に無し

寛永版本

ふゆすぎて,[寛]ふゆすきて,
はるきたるらし,[寛]はるはきぬらし,
あさひさす[寛],
かすがのやまに,[寛]かすかのやまに,
かすみたなびく,[寛]かすみたなひく,

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました