万葉集1825番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1825番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1825番について

歌番号

1825番

原文

紫之|根延横野之|春野庭|君乎懸管|鴬名雲

訓読

紫草の根延ふ横野の春野には君を懸けつつ鴬鳴くも

かな読み

むらさきの|ねばふよこのの|はるのには|きみをかけつつ|うぐひすなくも

カタカナ読み

ムラサキノ|ネバフヨコノノ|ハルノニハ|キミヲカケツツ|ウグヒスナクモ

ローマ字読み|大文字

MURASAKINO|NEBAFUYOKONONO|HARUNONIHA|KIMIOKAKETSUTSU|UGUHISUNAKUMO

ローマ字読み|小文字

murasakino|nebafuyokonono|harunoniha|kimiokaketsutsu|uguhisunakumo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

春雑歌|大阪市|地名|動物|植物|枕詞|季節

校異

特に無し

寛永版本

むらさきの[寛],
ねばふよこのの,[寛]ねはふよこのの,
はるのには[寛],
きみをかけつつ[寛],
うぐひすなくも,[寛]うくひすなくも,

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました