万葉集2233番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2233番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2233番について

歌番号

2233番

原文

高松之|此峯迫尓|笠立而|盈盛有|秋香乃吉者

訓読

高松のこの峰も狭に笠立てて満ち盛りたる秋の香のよさ

かな読み

たかまつの|このみねもせに|かさたてて|みちさかりたる|あきのかのよさ

カタカナ読み

タカマツノ|コノミネモセニ|カサタテテ|ミチサカリタル|アキノカノヨサ

ローマ字読み|大文字

TAKAMATSUNO|KONOMINEMOSENI|KASATATETE|MICHISAKARITARU|AKINOKANOYOSA

ローマ字読み|小文字

takamatsuno|konominemoseni|kasatatete|michisakaritaru|akinokanoyosa

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|奈良|高円|地名|讃美|季節

校異

特に無し

寛永版本

たかまつの,[寛]たかまとの,
このみねもせに[寛],
かさたてて,[寛]かさたちて,
みちさかりたる,[寛]みちさかりなる,
あきのかのよさ[寛],

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました