万葉集1861番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1861番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1861番について

歌番号

1861番

原文

能登河之|水底并尓|光及尓|三笠乃山者|咲来鴨

訓読

能登川の水底さへに照るまでに御笠の山は咲きにけるかも

かな読み

のとがはの|みなそこさへに|てるまでに|みかさのやまは|さきにけるかも

カタカナ読み

ノトガハノ|ミナソコサヘニ|テルマデニ|ミカサノヤマハ|サキニケルカモ

ローマ字読み|大文字

NOTOGAHANO|MINASOKOSAHENI|TERUMADENI|MIKASANOYAMAHA|SAKINIKERUKAMO

ローマ字読み|小文字

notogahano|minasokosaheni|terumadeni|mikasanoyamaha|sakinikerukamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

春雑歌|奈良|地名|叙景|季節

校異

特に無し

寛永版本

のとがはの,[寛]のとかはの,
みなそこさへに[寛],
てるまでに,[寛]てるまてに,
みかさのやまは[寛],
さきにけるかも[寛],

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました