万葉集2112番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2112番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2112番について

歌番号

2112番

原文

吾屋前尓|開有秋芽子|常有者|我待人尓|令見猿物乎

訓読

我がやどに咲ける秋萩常ならば我が待つ人に見せましものを

かな読み

わがやどに|さけるあきはぎ|つねならば|わがまつひとに|みせましものを

カタカナ読み

ワガヤドニ|サケルアキハギ|ツネナラバ|ワガマツヒトニ|ミセマシモノヲ

ローマ字読み|大文字

WAGAYADONI|SAKERUAKIHAGI|TSUNENARABA|WAGAMATSUHITONI|MISEMASHIMONO

ローマ字読み|小文字

wagayadoni|sakeruakihagi|tsunenaraba|wagamatsuhitoni|misemashimono

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|植物

校異

特に無し

寛永版本

わがやどに,[寛]わかやとに,
さけるあきはぎ,[寛]さけるあきはき,
つねならば,[寛]つねならは,
わがまつひとに,[寛]わかまつひとゆ,
みせましものを[寛],

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました