万葉集2019番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2019番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2019番について

歌番号

2019番

原文

自古|擧而之服|不顧|天河津尓|年序經去来

訓読

いにしへゆあげてし服も顧みず天の川津に年ぞ経にける

かな読み

いにしへゆ|あげてしはたも|かへりみず|あまのかはづに|としぞへにける

カタカナ読み

イニシヘユ|アゲテシハタモ|カヘリミズ|アマノカハヅニ|トシゾヘニケル

ローマ字読み|大文字

INISHIHEYU|AGETESHIHATAMO|KAHERIMIZU|AMANOKAHAZUNI|TOSHIZOHENIKERU

ローマ字読み|小文字

inishiheyu|ageteshihatamo|kaherimizu|amanokahazuni|toshizohenikeru

左注|左註

右柿本朝臣人麻呂之歌集出

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|非略体|七夕

校異

特に無し

寛永版本

いにしへゆ,[寛]むかしより,
あげてしはたも,[寛]あけてしころも,
かへりみず,[寛]かへりみす,
あまのかはづに,[寛]あまのかはつに,
としぞへにける,[寛]としそへにける,

巻数

第10巻

作者

柿本人麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました