万葉集1860番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1860番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1860番について

歌番号

1860番

原文

花咲而|實者不成登裳|長氣|所念鴨|山振之花

訓読

花咲きて実はならねども長き日に思ほゆるかも山吹の花

かな読み

はなさきて|みはならねども|ながきけに|おもほゆるかも|やまぶきのはな

カタカナ読み

ハナサキテ|ミハナラネドモ|ナガキケニ|オモホユルカモ|ヤマブキノハナ

ローマ字読み|大文字

HANASAKITE|MIHANARANEDOMO|NAGAKIKENI|OMOHOYURUKAMO|YAMABUKINOHANA

ローマ字読み|小文字

hanasakite|mihanaranedomo|nagakikeni|omohoyurukamo|yamabukinohana

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

春雑歌|植物|比喩

校異

特に無し

寛永版本

はなさきて[寛],
みはならねども,[寛]みはからねとも,
ながきけに,[寛]なかきけに,
おもほゆるかも[寛],
やまぶきのはな,[寛]やまふきのはな,

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました