万葉集2260番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2260番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2260番について

歌番号

2260番

原文

吾妹子者|衣丹有南|秋風之|寒比来|下著益乎

訓読

我妹子は衣にあらなむ秋風の寒きこのころ下に着ましを

かな読み

わぎもこは|ころもにあらなむ|あきかぜの|さむきこのころ|したにきましを

カタカナ読み

ワギモコハ|コロモニアラナム|アキカゼノ|サムキコノコロ|シタニキマシヲ

ローマ字読み|大文字

WAGIMOKOHA|KOROMONIARANAMU|AKIKAZENO|SAMUKIKONOKORO|SHITANIKIMASHIO

ローマ字読み|小文字

wagimokoha|koromoniaranamu|akikazeno|samukikonokoro|shitanikimashio

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋相聞|恋情

校異

特に無し

寛永版本

わぎもこは,[寛]わきもこは,
ころもにあらなむ,[寛]きぬにあらなむ,
あきかぜの,[寛]あきかせの,
さむきこのころ[寛],
したにきましを[寛],

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました