万葉集1827番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1827番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1827番について

歌番号

1827番

原文

春日有|羽買之山従|<狭>帆之内敝|鳴徃成者|孰喚子鳥

訓読

春日なる羽がひの山ゆ佐保の内へ鳴き行くなるは誰れ呼子鳥

かな読み

かすがなる|はがひのやまゆ|さほのうちへ|なきゆくなるは|たれよぶこどり

カタカナ読み

カスガナル|ハガヒノヤマユ|サホノウチヘ|ナキユクナルハ|タレヨブコドリ

ローマ字読み|大文字

KASUGANARU|HAGAHINOYAMAYU|SAHONOCHIHE|NAKIYUKUNARUHA|TAREYOBUKODORI

ローマ字読み|小文字

kasuganaru|hagahinoyamayu|sahonochihe|nakiyukunaruha|tareyobukodori

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

春雑歌|奈良|春日|地名|動物|恋情

校異

猿->狭【元】【類】

寛永版本

かすがなる,[寛]かすかなる,
はがひのやまゆ,[寛]はかひのやまゆ,
さほのうちへ[寛],
なきゆくなるは[寛],
たれよぶこどり,[寛]たれよふことり,

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました