万葉集1815番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1815番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1815番について

歌番号

1815番

原文

子等我手乎|巻向山丹|春去者|木葉凌而|霞霏d

訓読

子らが手を巻向山に春されば木の葉しのぎて霞たなびく

かな読み

こらがてを|まきむくやまに|はるされば|このはしのぎて|かすみたなびく

カタカナ読み

コラガテヲ|マキムクヤマニ|ハルサレバ|コノハシノギテ|カスミタナビク

ローマ字読み|大文字

KORAGATEO|MAKIMUKUYAMANI|HARUSAREBA|KONOHASHINOGITE|KASUMITANABIKU

ローマ字読み|小文字

koragateo|makimukuyamani|harusareba|konohashinogite|kasumitanabiku

左注|左註

右柿本朝臣人麻呂歌集出

事項|分類・ジャンル

春雑歌|非略体|桜井|奈良|地名|枕詞|季節

校異

凌【元】【類】陵

寛永版本

こらがてを,[寛]こらかてを,
まきむくやまに,[寛]まきもくやまに,
はるされば,[寛]はるされは,
このはしのぎて,[寛]このはしのきて,
かすみたなびく,[寛]かすみたなひく,

巻数

第10巻

作者

柿本人麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました