万葉集2251番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2251番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2251番について

歌番号

2251番

原文

橘乎|守部乃五十戸之|門田年稲|苅時過去|不来跡為等霜

訓読

橘を守部の里の門田早稲刈る時過ぎぬ来じとすらしも

かな読み

たちばなを|もりべのさとの|かどたわせ|かるときすぎぬ|こじとすらしも

カタカナ読み

タチバナヲ|モリベノサトノ|カドタワセ|カルトキスギヌ|コジトスラシモ

ローマ字読み|大文字

TACHIBANAO|MORIBENOSATONO|KADOTAWASE|KARUTOKISUGINU|KOJITOSURASHIMO

ローマ字読み|小文字

tachibanao|moribenosatono|kadotawase|karutokisuginu|kojitosurashimo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋相聞|地名|植物|枕詞|恋情

校異

特に無し

寛永版本

たちばなを,[寛]たちはなを,
もりべのさとの,[寛]もりへのいへの,
かどたわせ,[寛]かとたわせ,
かるときすぎぬ,[寛]かるときすきぬ,
こじとすらしも,[寛]こしとすらしも,

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました