万葉集2281番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2281番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2281番について

歌番号

2281番

原文

朝露尓|咲酢左乾垂|鴨頭草之|日斜共|可消所念

訓読

朝露に咲きすさびたる月草の日くたつなへに消ぬべく思ほゆ

かな読み

あさつゆに|さきすさびたる|つきくさの|ひくたつなへに|けぬべくおもほゆ

カタカナ読み

アサツユニ|サキスサビタル|ツキクサノ|ヒクタツナヘニ|ケヌベクオモホユ

ローマ字読み|大文字

ASATSUYUNI|SAKISUSABITARU|TSUKIKUSANO|HIKUTATSUNAHENI|KENUBEKUOMOHOYU

ローマ字読み|小文字

asatsuyuni|sakisusabitaru|tsukikusano|hikutatsunaheni|kenubekuomohoyu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋相聞|植物|恋情

校異

特に無し

寛永版本

あさつゆに[寛],
さきすさびたる,[寛]さきすさひたる,
つきくさの[寛],
ひくたつなへに,[寛]ひたくるともに,
けぬべくおもほゆ,[寛]けぬへくおもほゆ,

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました