万葉集1866番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1866番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1866番について

歌番号

1866番

原文

春雉鳴|高圓邊丹|櫻花|散流歴|見人毛我<母>

訓読

雉鳴く高円の辺に桜花散りて流らふ見む人もがも

かな読み

きぎしなく|たかまとのへに|さくらばな|ちりてながらふ|みむひともがも

カタカナ読み

キギシナク|タカマトノヘニ|サクラバナ|チリテナガラフ|ミムヒトモガモ

ローマ字読み|大文字

KIGISHINAKU|TAKAMATONOHENI|SAKURABANA|CHIRITENAGARAFU|MIMUHITOMOGAMO

ローマ字読み|小文字

kigishinaku|takamatonoheni|sakurabana|chiritenagarafu|mimuhitomogamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

春雑歌|奈良|地名|動物|植物|哀惜

校異

裳->母【類】【紀】

寛永版本

きぎしなく,[寛]ききすなく,
たかまとのへに[寛],
さくらばな,[寛]さくらはな,
ちりてながらふ,[寛]ちりなからふる,
みむひともがも,[寛]みるひともかも,

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました