万葉集2105番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2105番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2105番について

歌番号

2105番

原文

春去者|霞隠|不所見有師|秋芽子咲|折而将挿頭

訓読

春されば霞隠りて見えずありし秋萩咲きぬ折りてかざさむ

かな読み

はるされば|かすみがくりて|みえずありし|あきはぎさきぬ|をりてかざさむ

カタカナ読み

ハルサレバ|カスミガクリテ|ミエズアリシ|アキハギサキヌ|ヲリテカザサム

ローマ字読み|大文字

HARUSAREBA|KASUMIGAKURITE|MIEZUARISHI|AKIHAGISAKINU|ORITEKAZASAMU

ローマ字読み|小文字

harusareba|kasumigakurite|miezuarishi|akihagisakinu|oritekazasamu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|植物

校異

特に無し

寛永版本

はるされば,[寛]はるされは,
かすみがくりて,[寛]かすみかくれて,
みえずありし,[寛]みえさりし,
あきはぎさきぬ,[寛]あきはきさけり,
をりてかざさむ,[寛]をりてかささむ,

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました