万葉集2060番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2060番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2060番について

歌番号

2060番

原文

直今夜|相有兒等尓|事問母|未為而|左夜曽明二来

訓読

ただ今夜逢ひたる子らに言どひもいまだせずしてさ夜ぞ明けにける

かな読み

ただこよひ|あひたるこらに|ことどひも|いまだせずして|さよぞあけにける

カタカナ読み

タダコヨヒ|アヒタルコラニ|コトドヒモ|イマダセズシテ|サヨゾアケニケル

ローマ字読み|大文字

TADAKOYOHI|AHITARUKORANI|KOTODOHIMO|IMADASEZUSHITE|SAYOZOAKENIKERU

ローマ字読み|小文字

tadakoyohi|ahitarukorani|kotodohimo|imadasezushite|sayozoakenikeru

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|七夕

校異

特に無し

寛永版本

ただこよひ,[寛]たたこよひ,
あひたるこらに[寛],
ことどひも,[寛]こととひも,
いまだせずして,[寛]いまたせすして,
さよぞあけにける,[寛]さよそあけにける,

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました