万葉集2116番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2116番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2116番について

歌番号

2116番

原文

白露尓|荒争金手|咲芽子|散惜兼|雨莫零根

訓読

白露に争ひかねて咲ける萩散らば惜しけむ雨な降りそね

かな読み

しらつゆに|あらそひかねて|さけるはぎ|ちらばをしけむ|あめなふりそね

カタカナ読み

シラツユニ|アラソヒカネテ|サケルハギ|チラバヲシケム|アメナフリソネ

ローマ字読み|大文字

SHIRATSUYUNI|ARASOHIKANETE|SAKERUHAGI|CHIRABAOSHIKEMU|AMENAFURISONE

ローマ字読み|小文字

shiratsuyuni|arasohikanete|sakeruhagi|chirabaoshikemu|amenafurisone

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|植物

校異

特に無し

寛永版本

しらつゆに[寛],
あらそひかねて[寛],
さけるはぎ,[寛]さけるはき,
ちらばをしけむ,[寛]ちらはをしけむ,
あめなふりそね[寛],

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました