万葉集2318番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2318番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2318番について

歌番号

2318番

原文

夜乎寒三|朝戸乎開|出見者|庭毛薄太良尓|三雪落有|[一云|庭裳保杼呂尓|雪曽零而有]

訓読

夜を寒み朝戸を開き出で見れば庭もはだらにみ雪降りたり|[一云|庭もほどろに|雪ぞ降りたる]

かな読み

よをさむみ|あさとをひらき|いでみれば|にはもはだらに|みゆきふりたり|[にはもほどろに|ゆきぞふりたる]

カタカナ読み

ヨヲサムミ|アサトヲヒラキ|イデミレバ|ニハモハダラニ|ミユキフリタリ|[ニハモホドロニ|ユキゾフリタル]

ローマ字読み|大文字

YOSAMUMI|ASATOHIRAKI|IDEMIREBA|NIHAMOHADARANI|MIYUKIFURITARI|[NIHAMOHODORONI|YUKIZOFURITARU]

ローマ字読み|小文字

yosamumi|asatohiraki|idemireba|nihamohadarani|miyukifuritari|[nihamohodoroni|yukizofuritaru]

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

冬雑歌|属目

校異

特に無し

寛永版本

よをさむみ[寛],
あさとをひらき,[寛]あさとをあけて,
いでみれば,[寛]いてみれは,
にはもはだらに,[寛]にはもはたらに,
みゆきふりたり[寛],
[にはもほどろに,[寛]にはもほとろに,
ゆきぞふりたる],[寛]ゆきそふりてある,

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました