万葉集2085番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2085番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2085番について

歌番号

2085番

原文

天漢|湍瀬尓白浪|雖高|直渡来沼|時者苦三

訓読

天の川瀬々に白波高けども直渡り来ぬ待たば苦しみ

かな読み

あまのがは|せぜにしらなみ|たかけども|ただわたりきぬ|またばくるしみ

カタカナ読み

アマノガハ|セゼニシラナミ|タカケドモ|タダワタリキヌ|マタバクルシミ

ローマ字読み|大文字

AMANOGAHA|SEZENISHIRANAMI|TAKAKEDOMO|TADAWATARIKINU|MATABAKURUSHIMI

ローマ字読み|小文字

amanogaha|sezenishiranami|takakedomo|tadawatarikinu|matabakurushimi

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|七夕

校異

特に無し

寛永版本

あまのがは,[寛]あまのかは,
せぜにしらなみ,[寛]せせにしらなみ,
たかけども,[寛]たかけれと,
ただわたりきぬ,[寛]たたわたりきぬ,
またばくるしみ,[寛]まてはくるしみ,

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました